hisの初夢フェアとは何か?お得な旅行について

hisの初夢フェアというのは、his(株式会社エイチ・アイ・エス)という旅行代理店が提供している、お得な旅行プランのセールのことです。初夢フェアと聞くと、お正月にやるセールかと思ってしまいますが、実際には毎年12月の年末に行われるセールのことです。

年末というのは、恒例となっている色々なセールが行われる時期ですが、旅行代理店も年末にセールをしているのです。その旅行における代表的なセールが、hisの初夢フェアとなります。

hisの初夢フェアの主な特徴としては、提供しているものが海外旅行であることです。最近は年末年始に海外旅行をする人が多いですが、安い料金で海外旅行をしてみたい場合、hisの初夢フェアは是非チェックしておきたいセールとなります。

しかし、海外旅行と一言で言っても、世界には膨大な数の国と地域があります。hisの初夢フェアでは、どのような旅行プランがあるのでしょうか?ざっと見た全体的な印象としては、海外の有名都市への旅行ツアーの商品が、一通り揃っています。

ソウル、バンコクなどのアジアツアーもあれば、グアムやハワイのような定番なものもあります。そして、ロンドンやパリ、バルセロナというヨーロッパの有名都市、ロサンゼルスなどのアメリカの有名都市もあります。

hisは有名な旅行代理店ですから、定番や有名どころはきっちり用意している印象です。そして多くの人が気になるのは、初夢フェアでのセール料金でしょう。

これは例えば、ソウル3日間の旅行だと、14,800円で提供されています。安いですね。でも、距離が近いアジアへの旅行だから安いのかと勘ぐってしまいます。ところが、バルセロナ6日間やパリ6日間という、遠そうなところへの旅行も、69,800円で提供されています。これも安いです。

まさに、hisの初夢フェアのセールと言った感じです。しかし安いだけに、予約などの競争率は高いので、そこには注意しましょう。
his初夢フェア韓国値段
初夢フェアグアム

ニートを卒業するなら30代のうちに

社会問題にもなっているニート。
ひと昔前までは30代ニートといえばいい歳をして、という印象でした。
しかし、現在では40代50代のニートも増えています。
同じニートでも30代はまだ若者というくくりになります。
30代でも前半と後半でも印象が違います。
求人では35才で一つの区切りがあるからです。
企業は若い人材を求めています。
30代前半のニートは社会復帰を本人が望めば比較的容易にできます。
それに対して30代後半は「40代手前」という印象を持たれるので30代前半よりは不利になります。
それでもまだギリギリ30代であれば40代よりもずっと社会復帰しやすいでしょう。
40代になるとニートが社会復帰するのは困難です。
企業が40代以上の未経験者を求めていない、ということも大きいですが、本人側の問題もあります。
40代を超えてから社会復帰しても、職場では年下上司がいたり、同じ世代の人は役職が上になります。
せっかく意を決して社会復帰しても、そのような環境では働く意欲が低下していくでしょう。
根性論や自己責任論で「自分が悪いから現実をみろ」と批判する人がいます。
その批判は正論ではありますが、感情を無理やり抑え込んで仕事をするのは苦痛でしかありません。
このように、40代になってからニートが社会復帰できたとしても、職場でのコミュニケーションや劣等感など理論ではどうにもならない問題が発生します。
たとえ職場の人間関係がよくても劣等感などの感情をコントロールすることは大変なことです。
その結果、ニートに戻ってしまう人も少なくありません。
そのようなことを避けるためにも、社会復帰を目指すなら30代を目標にしましょう。
企業にもよりますが、一般的には30代はまだ「若手」だからです。
やり直しがしやすい年代のうちに社会復帰をしないと生涯ニートから抜け出せなくなります。
DYM就職ならニート脱出の支援をしてもらうことが可能です。
ぜひチェックしてみてくださいね。
DYM就職ニート